LNA/RNAハイブリッド鋳型切り替えオリゴヌクレオチドはより広範に遺伝子本体をカバーしている

nanoCAGE法の性能を向上させるべく、異なる化学的性質を持つ鋳型切り替えオリゴヌクレオチド、具体的には標準的DNA/RNAハイブリッドとDNA/LNAおよび純粋なDNA代替物との比較を行ったところ、意外なことにDNA/LNAおよび純粋なDNAオリゴヌクレオチドから得たシグナルは遺伝子本体をより全体的にカバーしており、DNA/RNAのような5'末端への偏りが見られないことが判明しました。

これらの結果は『BMC Genomics』に掲載され、同論文の中で私たちは鋳型切り替えメカニズムの意味およびDNA/LNAオリゴヌクレオチドの潜在的用途について論じています。また、補足試料として詳細なソースコードも列挙しており、CAGEライブラリの一対比較を行う研究者の役に立つものと思われます。

私たちの論文が査読を受けているあいだにLNA含有オリゴヌクレオチド(DNA/RNA/LNAのトリプル・ハイブリッド)に関する研究結果が Picelli et al. によって発表されました。_


参考文献: